行政書士になるにはあきらめない心が大切です

新人行政書士もベテラン行政書士も依頼してくる方たちからしたら関係ありません。
難しい案件だからといって、いい加減な仕事はとてもできません。
そしてどんな仕事でも依頼される方にとって重要なお仕事ばかりなんだということを忘れてはいけません。
行政書士の仕事は官公署へ提出する書類を作成したりということで、官公署へだしたあとは、申請がとおったかどうかというのは、常に気になっていたりするんですよ。
そればかり気にしていては仕事になりませんが、つい考えてしまったりします。
そういった精神面の強さも行政書士には必要だと思います。
しかし、行政書士の仕事は大変だからこそやりがいがある、案件が解決したときの達成感はとてつもなく大きかったりしますから、情熱をもって仕事に取り組むことが出来る人こそ、とても素晴らしい行政書士へなることが出来るんだと思います。
しかし、行政書士の試験に受かったからといって求人が簡単にあるわけではなく、ほとんどの方が開業の道を選びます。
開業はいろいろな勉強がさらに必要になりますが、それも自分にとって一生の宝物といえるものになりますから何事もあきらめずに行政書士を目指してほしいです。