産後太りにお悩みの方効果があるダイエット法は?

それから、糖質は、すい臓から分泌されているホルモンの「インスリン」の働きと関係があると言います。
※これがエネルギー源の「グリコーゲン」になります。
※これらは「肝臓」や「筋肉組織」に蓄えられます。
『グリコーゲン』人間が動くため、活動するために必要なエネルギー源になります。
ですから、糖質は活動する為に大切な栄養ではありますが、余ってしまった糖質は残念ながら脂肪になりますよ。
肥満に繋がると言うことですね。
しかし、ダイエットしているからと言っても、糖質を摂取しないと、体はエネルギー不足になってしまいます。
停滞期で余計に食事摂取すれば尚更ですね。
エネルギー不足になります。
※脂肪はグリコーゲンになりません。
ですから、エネルギーを作るのに、筋肉、内臓にあるタンパク質が使われます。
これは、脂肪を減らすことで、筋肉、内臓を細らせるダイエットになります。
しかし、基本的に活動する力がなくなりますよね。
そして、筋肉が減ると、脂肪を燃焼させる力も減ります。
ですから、基礎代謝が下がって、その結果、痩せにくい体になります。
それから、タンパク質があります。
ダイエットの停滞期でも、タンパク質は摂取するようにしましょうね。
細胞膜、酵素、ホルモン、血液など、体にとっては大切な部分を作る成分になります。
私達の体重の5分の1がなんとタンパク質と言うことです。
※分解されたタンパク質は、活動するエネルギーになります。
http://xn--ecki4eoz8208b12eg53a07e7t9co0zcvmyb.com/